FC2ブログ
Aカップで悪かったわね! ?U46?
マスコミ業界のフリーで活動する3人が、 一風変わった(?)業界から見た世相を語る。 裏話を交えて新しいマーケットを探索?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Re:テレショップ番組 出品依頼について。
Chiryu


テレビで話題になればモノが売れる、
テレビで取り上げられたらその影響力で会社のイメージがあがる。
いまだにそう信じている人がたくさんいて、
テレショップ番組への出品応募が殺到するという現象が起こっています。

ひとこと言いたいんですけど「視聴者はもっとかしこいですよ」

テレショップ番組で一度や二度出ただけで、
“売れる…テレビだから“
と信じている人(出品希望者)がたくさんいます。
というか、たくさん増えました。

でも視聴者は、
?その情報を数回にわたって目にする。
?興味を持つ(自分に合致する情報だけ)。
?売れている(大衆に支持されている)かどうか疑う。
?友人に聞いてみる。
?自分で調べてみる。
?次にテレショップ番組に出ているときに、ようやく購買動機が生まれる。

という風に心情変化していくんですよね。
特に女性なんかは?の“情報を目にする”時、
一度目は“聞き流す(興味を持たない)”
二度目は“何かやってるなぁ(少しだけの興味)”
三度目は“前にも聞いたことがある(普通の興味)”
四度目は“これって流行ってるのかな?(流行に取り残される心配)”
という過程を経て、ようやく?の調べに入るんですよね。
その後?の友人に聞いてみて、
その中の4人1人が試しに買ってみようという気持ちになって
テストするんです。
その報告が良ければ、周りの友達も購入に繋がっていくという連鎖を起こし始めます。

つまり、テレビに一度や二度出たところで、
“聞き流す““聞き流される“のが関の山。
だから新商品をテレビに出そうと思うのなら、
ターゲット(販売対象)とマーケット(販売エリア)を
完璧に絞り込んで、少なくとも4回以上放送できるようにした方がいい、
とボクはいつも提案しています。
その時のリスク負担が大きければ、
テレビ媒体を回避して違う手法で消費者にアピールするべきだとボクは思っています。
巷で話題になれば、テレビ局は取材が後追いなので後からついてきます。

出品希望の方々に言っておきたいのは。
テレビというビッグネーム…、
そんな思いこみで無駄なお金を使うべきではないですよ。
思いこまされてるんですよ、それは。
何故なら、
テレビ自体が、“如何に映像を流してお金を集めるツールにするか”、
という一点しか考えてこなかったから。

「テレビに出れば簡単にマーケットが作れる」というのは、
あくまで視聴者イメージの幻想にすぎないのですから。
具体的な方法論は別の次元にあるんです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/05/08 (月) 11:00:36 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 Aカップで悪かったわね! ?U46? all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。